あの時間に収めたPが凄いわ(それだけ)


ガンダム鉄血オルフェンズ
第50話 彼らの居場所・最終話(感想みたいなもん)

最終回、良い悪いが半々みたいだったらしい?けど、
種デス(突っ込み所満載で楽しかったけど)をオンタイムで見ていた一視聴者からしたら
いやあ憎たらしいほど、うまい終わり方だとおもうわ。
 
ダインスレイヴという禁じ手を使いバルバトスが狩られたか・・・、
量産機のカスタム機が勝ち、悪魔とされ、ガンダムが負ける図は、
さながらガンダムの墓標と感じた。

象徴的にマッキーと鉄華団を倒し、何事もなかったかのように上手く収拾してみせる。
逃げた鉄華団はギャラルホルンに追われることなく、実質お咎めなし。
そして皮肉な事にギャラルホルンの実権を握っていたセブンスターズの大半が
マッキーの革命と鉄華団との戦いによって勢力を失ったために、
ラスタルエリオンは、すんなりギャラルホルンを新体制に移行できた。

元鉄華団は団長やそれを支え続け、身をなげうって戦った仲間たちの4など
大切な家族の4という大きな悲しみと引き換えに生きる(生存する)希望を見出した。
対峙した敵すらも彼らを畏怖し理解するようになった者もいる。
かたきは討ち果たされた・・・。そしてアカツキという希望が などなど、

戦闘も悲しいシーンもあったけど、なかなか良かったし、
本当にうまい感じの展開だったわ。 以上、駄文失礼!