無双スターズのアレンジ楽曲がドハマりなのよね

楽曲について?
つぎの真三国、戦国無双はぜひスターズのアレンジ・バージョンを追加してほしいものだ。
とくに戦国無双の(旧)桶狭間ないし桶狭間・改のアレンジ・バージョンは最初は別な楽曲?って
勘違いするくらいカッコイイ。 

スターズは楽曲の選曲からすると
「よるのないくに2」がPS4、VITA、
新たにスイッチとのマルチになることを総合すると
本来は任天堂ハードで出ていてもおかしくなかったのは頷ける・・・
てかそうすると討鬼伝ももしやスイッチでも出るのか?
開発の携帯機ではじめたからうんぬん発言って、
VITAではなく、これに対する予防線だったのか?
ただ無双やアトリエはでてもおかしくないだろうけど、
遥かなる時の中で、DOAシリーズも候補に入るのか?

最新シリーズの桶狭間の楽曲である雷光 -桶狭間-は4ベースのマップだと雰囲気は悪くない。
徳川バージョンは一歩一歩歩みを進め、さらにステップアップを図っていった感じが出ているし、
織田バージョンはまさに雷光の中で馬を走らせ、今川に迫っていく疾走感と緊張感がある。
エンパで追加された?今川バージョンは電子音と笛と鼓津軽三味線の融合で盛り上げ、
終盤はしっとりとした感じのピアノまで入ってくる豪華な?和風テイスト。
でもここまで勢力によってアレンジがあり同じ戦場やっていても飽きはこないものの、
楽曲としてのインパクトが足りない気がする。 


4-2秘蔵武器集め
柳生宗矩「松永久秀の乱・反逆の章」(Lv43、元親C.S.)
:「光秀包囲網」をパートナが担当すると良い。
 「片思い」達成後に宗矩で指定武将に近づくと「仇敵松永」が発生。
 「信長の子」より「秘密を守りきる」の津田信澄先に撃つことを優先。
 Pt「屈辱の退却戦」はパートナと協力してすばやく撃つ。
 
稲姫「関ヶ原の戦い・絆の章」(Lv42、元親C.S.)
:今作の関ヶ原は、武将が多い戦場の割にミッションが楽なタイプ。

服部半蔵「第二次上田城の戦い・絆の章」(Lv32、元親C.S.)
:忍関係が撃ち漏らしor巻き込み、運要素とセーブしておいた方が良い場面がある。

藤堂高虎「関ヶ原の戦い・新星の章」(Lv45、元親C.S.)
:武将が多い戦場の割にミッションが楽なタイプ。

濃姫「六条合戦・反逆の章」(濃姫Lv15→20、元親C.S.)
:星の数が少ないためにきわめて楽。

明智光秀「六条合戦・反逆の章」(光秀Lv17→22、元親C.S.)
:上とほぼ同じで楽。

真田信之「大坂の陣・絆の章」(信之、元親は共にC.S.)
:てか進行に差し支えないが、バグがあって、秀頼をとっくに撃破したのに、
 撃った本人が「秀頼居場所ガー」「じゃあ探索の忍びヲー」とか、
 どういう乗りツッコミですか?みたいな。
 実は秀頼に扮した「くのいち」が潜んでいて、
 発見するとIFストーリーに分岐するとか?と疑うレベル。
 その後の戦国無双4の回想シーンも台無しですよ。

森蘭丸「金ヶ崎撤退戦・反逆の章」(蘭丸Lv25、元親C.S.) 
 :撃破数500討以上、4分以内に「藤堂高虎の待ち伏せ」を発生させるとPtミッションに変化。
 と時間制限が厳しいが、勘違いで北東の2武将も倒してハードル上げなきゃ楽かも。

竹中半兵衛「金ヶ崎撤退戦・反逆の章」(半兵衛Lv34、元親C.S.)
 :武器獲得ミッションとはいえ、ほぼすべての敵武将を撃破だから
 「こんな面倒なしんがりは二度とごめん」発言に、思わず納得してしまうくらいだ。

片倉小十郎 「大坂の陣・絆の章」(小十郎Lv25、藤堂高虎Lv45)
 :主君いないと存在感うっす。無双のイグニスって感じ(違)


そうだったのか?
真説・本能寺の変がミッション、武器獲得が敵硬いし地味にメンドイ。
ただシナリオとしてはなかなか見せますね。
いままでは光秀の謀反をベースに、孫市の復讐があって。で4から?追加された
反骨の魂で光秀に加勢する元親、父を助けたいガラシャ、孫市が気になり参戦した小少将と。
真説ではそれとは違ったアプローチ(の考察)で面白いシナリオでしたね。

シナリオの中心人物のメタ発言?がニヤリとさせますね。
OROCHI2であの人を箱に押し込めたのは実はコイツ(登場してないけど)か?みたいな
まあ箱から出てくるネタは無双スターズにもありましたけど。

無双シリーズでは秀吉(は全く出てこない)下げじゃないのがさらにポイントだが。
あの予想もしなかった?軍師が暗躍とはなかなかね。

遅れて更新 | Home | 熱いくらいだったな

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する