刀でいかなくても問題なかったとは

火力は大丈夫か?厳しくないか?と警戒しつつ、残ったミッションを消化していたが、
竜の諸手、闇の再来、竹雀天高く、伊賀流と比較したら、おままごとに思えるくらい楽すぎた。
悟りの道の残りミッションも逢魔が時のみとなった。

そして次の課題はまろばしを回せるように装備を整えるだな。あとは製法書マラソンかな?
むしろマラソンをしていたらカンスするほどアムリタ稼げる気もするけど。


>彼岸の逢瀬
人型タイプの敵には近接攻撃の気力ダメが結構効くと認識する。
修羅と同じで信長→雪女の順で倒す。

>木瓜の集
シグルイには提婆なしでも大太刀なら楽にいける。刀で逆波・弐まで決めより安全
最後は動き複雑でないが武技の攻撃範囲が地味に広いヤスケから先に提婆ダウンで倒す。
信長はそこまで一撃が怖くないので、攻撃避けつつ大太刀でチクチクしているだけで倒せる。

>百鬼夜行(克金符禁止令)
ほぼ全ての敵は、克金符をかけると硬くなる危険があるので使用しなかった。
鬼女:水まといの札で与ダメを増やしてダッシュ攻撃被ダメ無効、結界符もあると尚良し。
女郎蜘蛛:遅鈍符や招来符(夫婦犬)で遅くする、~攻撃被ダメ無効で召喚される蜘蛛も怖くない。
飛縁魔:火か雷属性の守護霊の招来符でダウンさせて攻撃。
百目:ゲージ溜まったら、九十九武器(夫婦犬)でごり押せる。

>逢魔が時・狂爪と為りて(克金符禁止令)
動きが早いので遅鈍符、九十九や招来符は雷、火属性以外で、
克金符をかけると硬くなるバフが自動的に発動するので使用しない。

>彷徨せし落人
修羅符で自己バフ、克金符掛けるとなんとなく硬くなるのでどちらも遅鈍符のみ、
吉継は夫婦犬と加斗の混沌やられで、三成は九十九武器(夫婦犬)で一網打尽。

やっとこういうキラ付きも落ちるようになったか | Home | 悟りの道って妖怪か人型が多いかで難易度が全然違うな

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する