終わって そしてまたー

なんか納得できない様な エンディングと聞いていたけども

DSC03501.jpg DSC03500.jpg

やっとFF13 エンディング迎えましたー

10日から開始して Xマス・イブの早朝 ちょうど2週間

総プレイ時間はおよそ74時間  

途中でこけることなく プレイし続けられました。


感想など

うーん 1本道 って言われていたけれど 確かにそうでしたね^^


某ファンディスクの○○の軌跡the3rdの様な 雰囲気もあるような無いような

あっちはまだ 階層をイメージさせる地図もどきかがなんかがあったし

だいたいそれ以前に世界観と地図が FCとSCで 

完全にプレイヤーにイメージされているから良いのだけど
 

FF13では そういう世界観がプレイヤーの中に確立できてないのに 

ずっと1本道の地図を歩かせる展開に 挑戦してしまうから 呆れる(すごい という意味で)


けれど個人的には まだ(難易度)イージーモード無かった頃に買った方たちと 同様に

ノーマルモードでやってても 戦闘のシステムが 目あたらしく感じたためか?

そんなにストレスを感じませんでしたね。


物語 破綻してるなこれw (ネタバレ必須) 

命題を達成しないと 爆発する ただ命題達成してもクリスタルに 
そんな時限爆弾みたいなものを 抱えちゃった勇者様一行 でも 
(冷静に考えて 絶対目的ちがうだろ!#)*以後カッコ内は プレイヤー目線で 

この時限爆弾を止める方法は
「ラスボスを倒すことを阻止して 自分たちが住むこの世界を救う事だ!」
「準ラスボスの思い通りにならんぞ!」
(逆だよ!そのラスボス倒して 世界を壊すことですよ!! 結局・・・でしょ?)

だが 勇者様一行の脳筋役 通称”ヒーロー”の言うことを鵜呑みにする 勇者様一行
(え? 何で信じる 目的分かっている少女でさえ同調 脳天気すぎるw) 

がいろんな場所を彷徨うが 時限爆弾を止める方法は見つからず 

結局 準ラスボスに導かれるまま ラスボスがいるところまできてしまう

が自分たちの住む世界を破壊しようとした準ラスボスをたおせば終わると考える

でも~準ラスボスを倒して 一同驚愕! 実はラスボスが召還されてしまうという 

結局 準ラスボスの思うつぼだったという^^
(おいおい 勇者様一行 ダメじゃないかw)

そして晴れて ラスボス倒して 時限爆弾は止まるが クリスタルに

が 勇者様一行の 脳天気少女とその連れが 犠牲になったおかげで?

時限爆弾もなくなり 同時にクリスタルからも解放される 

ヒーローと先にクリスタルになっていたその恋人が抱き合い ハッピーエンド
(おかしい! なんてご都合主義のエンディングだ! 脳天気少女とその連れはモニュメントですか? )


というわけでとても感動する様な展開じゃない ことがご理解いただけるとおもいます。

ただ個人的な 総評は高いですね 物語の展開さえしっかりしていればかなり評判は良かったでしょうから

きわめて無難な終わり方でごめんw


いまさら のさらw 他の方のレビュー考など
  
発売当時に定価で買われた場合 戦闘が急にきつくなる10章のラスボス以降

もうプレイしなくなった方も居ただろうし あらためて あのラストはね。。。

遅れてきたイージーモード と それ以外DLCがなく 放置だったから 辛口にならざる得ないのでしょうね。


検索かけるとトップの方に出てくる ブログ http://prius.cc/d/20100102_ff13.html では 

厳しいながらも 読ませるレビュー(2年前の記事?)がありましたけね


13-2今日買いましたよ そしてプレイ開始 今更だったけど13をやっていて良かったと思いましたよ

以上 イブの戯言でした。


いまさら言おう・・・ | Home | がんばるねホントw

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する