一過性ではいけないのかもな(自分に対して) 

個人的には 「原発はゼロとは言わないまでも ならべく減らすべき」派で  「さよなら原発」 には 若干懐疑的ではあると 前置きしつつ・・・


さよなる原発 デモでの 坂本教授(音楽家 坂本龍一)の「たかが電気」発言が 物議を醸し出しているが、


たしかに「たかが電気」発言は極論であるが、個人的にかんがえるに 

今まで我々 顧客は なんにも考えず、原発行政に依存してきたし、

一方、電力会社は 核物質を使うがための将来のリスク・負担を鑑みず、 

利益(雇用確保もふくまれる)・インフラ整備の一環(理想の先進国)・安定供給(停電のない先進国)に

特化・追求してきた結果が 今の状況で 


気がついたら 茂木氏(脳科学者 茂木健一郎)の たで(「たかが電気」) ツイット にあるように 

電力会社の努力の結果 「たかが電気だろ?」って認識・発言 されるまでに なっている。 

 
で去年の震災・津波の影響で 原発が一部倒壊し事故がおこって以来 原発のリスクが提起され、

すごく大まかであるが、

「原発は一つもいらん!」と言う顧客、「原発は一部認める」という電力の大口顧客たる企業、「いまのままが良い」という電力会社という構図になっているような気がする。 


ではじめに戻ると デモでの「たかが電気」は いわば問題提起だったと 気がつかされる。 果たして このままでいいのだろうか? という。  


でも実際の行動(行政への働きかけとか 市民レベルの意識改革とかね)が見えてこず 

一過性のデモ(パフォーマンス)では 何にもかわらんのだが 著名人の宣伝になっているだけって話も・・・


今月発売のタイトルは豪華だな。(買わないけどさ、、、) | Home | う○つき というか 翻えした モノ勝”ち?・・・

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する