FC2ブログ

Linux備忘録その3

デュアルブート boot.iniの編集

Linux Mint 13 をインストールしたまでは良かったが…、WindowsXPのブートローダがMintを認識していないためか?スルーして、Mintが起動しない。

仕方ないので、デュアルブートを扱ったブログを参考に、LiveSD 「端末(terminal)」にて、sudo dd if=/dev/sda4 of=mint.bin bs=512 count=1 と入力し、Mintのブートローダー?を読みだすプログラムの一部を書き出す。homeディレクトリに作成されたmint.binを、/dev/sda4(WindowsのCドライブ)直下に置く。

再起動、Windowsでの作業。boot.iniに C:\mint.bin="Linux Mint 13" を追記で、解決!


追記
boot.iniの編集

1、[マイコンピューター] コンテキより [プロパティ]
  または、[スタート] [ファイル名を指定して実行] sysdm.cplと入力[OK]

2、[詳細設定]タブ [起動と回復]の[設定] 

3、[起動システム]の[編集] メモ帳で編集可能に。


参考
「MiuxMiu」 - パソコン - Windows XPのブートローダでLinuxのUbuntuとデュアルブートする方法
http://www.miuxmiu.com/archives/2011/03/09/windows_xp_bootloader_linux_ubuntu_dual_boot.html

「Microsoft」 - サポート - Windows XP で Boot.ini を編集する方法  
http://support.microsoft.com/kb/289022/ja



Linux備忘録その4 | Home | Linux備忘録その2

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する