入れた理由?

Linux Mint 13を入れた理由? 断じてマヤ暦とは関係ない!

サブ機(ゲーム機の近くにおいて攻略wiki見る用、あるいはブログ更新用ですね。)なんですが、CPUが省電力だが非力な1コア(2スレッド版だが)のAtomで、側はASUS製の4年だか3年半落ちのEeePC(ネットブック)、OSはいまだにWindowsXPだったが、ニコとかで生放送はまだしも動画がカクカクで最悪だった。

まあそれを少しでも解消しようとして、まずは前に書いたように、LiveSDではなく、SDにOSをインストして試したんですが、HDDと違ってあまりにもアクセススピードが遅すぎて洒落にならないし、さらに外付けのHDDを持っていないので、実際にPCの空きパーティションに入れることにした訳です。

実際いれてみて、おなじFirefox(Ver19.0)で同じ動画(圧倒的遊戯ムゲンソウルズZのスペシャル動画ね。棺桶がどっかんと落ちるとこから始まり、シルマとシュシュが踊る奴)を見たんですが、ヌルヌルすぎて、違いに驚愕しましたよ。あとWindowsだと違いが出やすい、若干重くなったGoogle Chromeでも同じくヌルヌルで、Chromeリモートデスクトップすらも快適で、メインには無理だけども、使用を限ったサブとして使うにはいいですね。

ただ本音としては、もっとPCのスペックに余裕あったら、リポジットが豊富で、さらにさまざまなユーザー情報が溢れているUnbuntuを入れたいですがね…MayaことLinux Mint 13は、17年4月までサポートするのか…くそ!@4年戦えちゃうのか?


全然すすでない | Home | Linux備忘録その4

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する