ゆうまでもなく、26日からね(その2

最初に買ったのは

ハック&スラッシュというジャンルらしい。ダンジョンRPGって言ったら殺されそうです でー角川ゲームスの『デモンゲイズ』というタイトル。自分がプレイした中では、PS3ですがゾンビアクションのバカゲー『ロリポップチェーンソー』以来2本目の角川タイトルです。

角川タイトルと言っても、ファルコムから出ていた『零の軌跡』のVita HD版?もあるわけですが、この『デモンゲイズ』は、PSPで移植版のある『円卓の生徒』や、最近Vitaで発売された『迷宮クロスブラッド』とともに、開発元?は同じエクスペリエンスです。

てかー角川とエクスペリエンスの「DRPGプログレス」っていうレーベル扱いなのか?
イメージエポックのJRPG、コンパイルハートのガラパゴスRPGといい、既にブランド扱いのガスト、アトラス、5pb.などなどホント複雑怪奇だな。昨今のゲイムギョウカイ。


まあ前から買ってみたいと思ったタイトルをPCで作り続けてきたエクスペリエンスで、しかも移植ではなくVita完全新作ということなので、買ってみた。 うーん、いまの20代からしたらRPGの原点(ダンジョンRPG、アクションRPGなど、いまほどRPGの難易度がユルくなく、攻略が本だけだった時代のね)みたいのはどれも得意じゃないけど、なかなか楽しめますね。だが難易度は一番下の「ぬるい」ですが。。。隠してもしょうがないし。
ゆうまでもなく、26日からね(その3 | Home | ゆうまでもなく、26日からね(その1

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する