三歩進んでニ歩戻るような?

筆塗りは難しい どっかのスレッドでいつも書かれることですね。

SN3V0174.jpg
メインで使っている謎の丸筆2/0号と、
試しに最後にちょいと使った20年物の?タミヤHF面相極細、
若干、疲れた筆だけど、今売っているのは明らかに質が下がったんだよな・・・
パレットの色は跡形だけに


頭とリボンは3回塗れたけど、パレットの塗料がなくなった
まあ面相筆で塗るべき所を、1.9ミリの丸筆で楽しようとしちゃったからな。
やはりまともな面相筆欲しいな・・・そんな愚痴はさておき。

とりあえず、田中式筆塗り(筆は面相筆じゃないけどw)を実行してみた。
いやはや、最初に書いた通り、筆塗りは難しい。
グリモアの時もだけど適性濃度(田中式のね)で塗れている時は良いだけど、
薄め過ぎてシャバシャバして扱いが面倒になったり、気泡が出たり、
濃すぎてムダに盛り上がったりと、熟練してこないとコントロールの仕方が分からないですね。
でももっと問題なのはリターダー(伸びを良くし乾燥遅延効果のあるもの)入りの薄め液だから
濃度が適正じゃないと、乾きが遅くて困る。

SN3V0171.jpg SN3V0172.jpg
左が1回目、右が2回目、キャラ被っている?のが写っているな

SN3V0173.jpg
3回目

3回塗ったけど、まだまだだな。Nブルーの刑は続くじゃなかった。
パレットまた色足したから、この方法で下塗りはづづく・・・。

任務完了! | Home | 日々更新? 牛歩戦術? 

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する