開封の儀?

SN3V0200.jpg
このパッケージ、ランバラルのグフとの戦いの時のガンダムのポーズだっけ?
種のキラ対バルトフェルドの戦いも熱かったな。
リベンジのためにエールストライクのREVIVE版でないかな?


プチッガイと共に買ったHGガンダムREVIVEバージョンを開封。
前のバージョンではお台場ガンダムを再現したものでした。
それなりにカッコイイとは思ってましたが、スジボリがしつこいカトキ版って感じで
これが1/100のサイズなら良いんですが、1/144でRGみたいにそこまでの造形
ならまだしもHGだとオーバースケールって感じで好かんのですよね。
今回のは小顔で肩もかなり上についていてガンダムといういうより
Oガンダム臭い?んで、敬遠していたんですが、ただいろんなレビュー見る限り、
いままでのHGのガンダム全然作りが違うのに、作りやすさも追求されているので、
模型復帰3作目にと、思わず買ってしまいました。まあガキの頃にその頃は人気でガンプラが
なかなか手に入らない時だが、割りかし手に入りやすかった?1/100のリアルタイプでしたが、
すっかりオヤジに作ってもらってしまって、リベンジしたかったガンプラでもあるんですがね。

SN3V0205.jpg
青がいい色しているな。アイカメラ別パーツもさることながらクリアパーツなのか。
カトキ被れ?の先端が逆テーパー掛かった下駄パーツがかっこいいな。
可動がすごい割にポリキャップはグリモアというか最近のHGはすべて共通なのか?
HPS(強化PS)パーツ使って肘や膝の二重関節を実現しているからな凄いな。


SN3V0203.jpg
圧倒的な小顔、アンテナも細くてシャープ化するのが不安になるくらい。
顔以外も腰アーマーが四角じゃないのが、新生という印象を強く受けるな


SN3V0204.jpg
肘と膝の二重関節のパーツが見えますね。にしても平手がシャープすぎる。
武装はバズーカが標準でついているのは嬉しい限り。


まあ細身で派手なガンダム、永野護のMHが好きだから、嫌いではないのだけどさ。細身じゃない量産型
(兵器としては全然、量産じゃないけど、むしろどっかの人造人間というか巨人じゃないけども、汎用人型)
というか量産ぽいカラーリングのMHもカッコイイものも結構ありましたね。
MHがGTMに変わって(まあ飽きて既に切っていたけどw)、さらに好かんけど、
第一印象からダッカス・ザ・ブラックナイト(もうバッシュじゃないのね)みたいにどんなに格好悪くても、
一部のファンから嫌われようが、誰もデザインできない他にないものというのは、貴重であり、
・・・五輪のデザインのパクリ?その人達の様な 
(疑惑の前から、誰がデザインしたにせよ。ありきたりのデザインに違和感あったけど)・・・
他でもありそうなデザイン。それにしない時点で個人的に本当のデザイナーかもしれませんね。
だからこその超自信家で。妥協しないために自分のしたい事を自分のペースでしかしない
時代に恵まれた天才だと思います。

そんなことより、はやくプチッガイ完成させろよ!
了解、ダッカス!(寒すぎる

調色が面倒 だがそれが良い! | Home | こんな感じかな?

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する