体験版

31日くらいに発表されたVITAの各種体験版とかやってみた。

「UPPERS」 体験版は既に第2段になってました。
いまやD3P開発の閃乱カグラなどの爆にゅうアクションで有名なマーベラス製ですが、
内容はオープンワールドじゃない劣化版龍が如く、あるいは喧嘩番長の様な、
ほぼ野郎主人公の喧嘩アクションです。
今年7月後半発売ですが、アクションの感触が良く、簡単操作で内容も重くなく?
カジュアルに楽しめそうなので、ネプ外伝と被らなければ購入するかもしれません。

「ロゼと黄昏の古城」
ディスガイアで有名な日本一ソフトウェア製です。4月26日に発売らしいです。
同社の「ホタルノニッキ」や「夜廻」などと同類の2Dアクションの雰囲気ゲーって感じです。
悪くない、だがインディーズみたいなのに、値段が3千円程度なので、購入はスルーします。


手甲集めで懲りずに薙刀集め

討鬼伝・極は、薙刀コンプ(武器集め)を地味ながら続行中。 
残りは、夜刀系の最終強化1つ、合成武器6つとその派生3つ、
あとは面倒くさいコガネムジナ素材を使った薙刀の最終強化1つ、
その計11振です。

極級コガネムジナの素材の面倒な点というか問題点は、
課金DLCの救済任務がある上位とちがって、
出現する可能性がある任務が緊急任務と無限討伐任務に限られ
個体自体が出にくいのと、更に出現したとしても目的素材(蔵宝皮)は
確定ではなく、リアルラック頼みのニ重苦になっている所です。

先行配信か | Home | FF15

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する